やさしい着物講座

01

 
着付けに必要なもの

 

女性の場合

①着物 ②襦袢(+半襟) ③帯 ④履き物 ⑤足袋 ⑥帯締め ⑦帯揚げ ⑧和装スリップ(肌着・おこし)

⑨伊達締め ⑩腰紐(2本) ⑪コーリンベルト ⑫前板 ⑬帯枕

 

男性の場合

①着物 ②襦袢(+半襟) ③帯 ④履き物 ⑤足袋 ⑥腰紐

 

以上が最低限必要なものとなります。

その他、補正用のタオルや、髪飾り、重ね衿など、お好みに応じてご用意ください。

※着付けをされる方によって、必要な小物は多少変わります。

 
着付けの注意点

 

注意点はたくさんありますが、見た目と着崩れに関してのアドバイスです。

 

①握りこぶし1つ入るくらいに襟を抜いて着るとカッコイイです。ちなみに子どもと男性は襟を抜かずに着ます。着物は襟元がキレイだと全体が美しく見えます。(女性の場合)

 

②上手な補正は、見た目も美しく着付けができますし、着崩れもなく上手にきることができます。ご自身の体型に合わせて上手に補正を行なってください。(男女ともに)

 

③シワの無い着付けで美しく。着物は帯で固定して着付けをします。そのため帯の周りにシワができるとカッコ悪く見えてしまいます。シワの無い着付けをするためには、着物の寸法がご自身に合っていることが重要です。(男女ともに)

 

④腰紐よりもコーリンベルトやマジックベルトを利用すると、窮屈ではなく着崩れも少なく、楽に着られます。(男女ともに)

02

03

04

05