無形文化財 長板正藍染

浴衣にも色々な種類がありますが

みなさんご存知でしょうか?

今日ご紹介するのは、無形文化財の長板正藍染めの綿絽ゆかたです。

写真でもわかるように生地は綿の絽になっており

見た目にも涼しく、着ても涼しい素材です。

長板本染めは、長板を用い布地の裏表両面に寸分違わずに型付け(防染糊を置く事)をし、本藍(草木)で浸染する染色方法で、かなりの熟練の技を必要とします。

これは江戸時代中期末頃より行われている染色技法です。

商品は、ほのかな藍の匂いがします。藍には防虫作用もあるといわれていますので、夏の衣類にはぴったりですね。

初山 寛作

長板正藍染ゆかた ¥68,000(税抜)

月別
カテゴリー